顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » パソコンに関する国家資格を知りたい

パソコンに関する国家資格を知りたい

国家資格と言ってもパソコンの場合には、
その資格がなければ仕事が出来ないという
性質のものではありません。


自分の技術力を客観的な尺度で
測るということになります。
簡単なものからかなり難しいものまで
幅広くあります。
まずは簡単なものを取ってから、
難しいものへ挑戦していくとよいでしょう。


初級システムアドミニストレータは
シスアドと呼ばれています。
最もポピュラーな資格となります。
専門学校や大学の1,2年の時に勉強すれば
取れるでしょう。


それから、
上級システムアドミニストレータがあります。
もちろん、難易度は上がっていきます。
この資格を持っているからと言って、
プログラムが書けるということではありませんが
パソコン関係について詳しいという
評価をされますから、就職には有利なのです。


また、基本情報技術者やシステム監査技術者なども
ソフトウェアの専門家としての知識を
持っているという事になります。


これらの資格を取ることで
報奨金が支給される会社もあるようです。
自己啓発のための資格とも言えるのです。


パソコンに詳しいという表現は
定量的に図ることが難しいのです。
そのために国が評価すると言うことになるのです。


自分の就職を有利にしたいと考えているのであれば、
これらの資格を事前に取っておくことをお勧めします。


IT関連の業界では常に新しい技術を
習得していかなければなりません。
基礎を身につけるという意味でも
取得に挑戦する価値はあります。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/273

Return to page top