顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 知的財産を管理する為の国家資格

知的財産を管理する為の国家資格

知的財産とは、目に見えない人間の活動に
対して与えられる価値です。
知的財産の例としては著作権があります。
またブランドなども知的財産になります。

知的財産を管理する為の国家資格があります。
それは知的財産管理技能士と言う国家資格です。

どのような仕事をするのでしょうか。
知的財産は、会社等で所有している物も
ありますし、他の会社が持っている
知的財産を利用する事もあるでしょう。

そのような様々ケースに対応するために
知的財産の関する法律などを詳しく知って
いる人が知的財産管理技能士となるのです。

特に特許に関する知識が必要となります。

特許をどのように取得していくか、
他の企業の特許に関する情報の収集や調査
などを管理するのです。

特許侵害等が発生しないようにする事は
もちろん問題を未然に防ぐ事と発生した問題を
速やかに解決する事が求められます。

知的財産管理技能士はその資格がなければ
仕事ができないというものではありません。

しかし、その資格を持っている事によって
特許に関する専門的な知識を持っていると
判断する事が出来るのです。

企業の内部で、特許に関する様々な問題を
解決するための技能です。現代では特許は
企業活動の中でも重要なものになります。

世界中の特許を知って、それと自社の製品を
比較していくことは、専門的な知識がなければ
出来ません。

特許に関する仕事をしているのであれば、
知的財産管理技能士の国家資格を取得する
事を検討しましょう。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/455

Return to page top