顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 就職に有利になる国家資格と民間資格の違いとは

就職に有利になる国家資格と民間資格の違いとは

就職する時に有利になるように、たくさんの
資格を取得する人がいます。その資格には
大きく分けて二つの種類があります。

それは国家資格と民間資格です。

国が試験を行って、資格を付与するものが
国家資格であり、民間の団体が行うものが
民間資格です。

どちらも同じようなものですが、当然ながら
国家資格の方に信頼性があります。分野に
よっては国家資格しかないものも多くあります。

法律でその資格が規定されているものは
国家資格だけなのです。仕事をする時に資格を
持っていなくても仕事が出来るという分野では
民間資格がたくさんあります。

中にはよく判らない様な団体の資格もあります。
自分が資格取得を考えているのであれば、
その資格の性質をよく知っておきましょう。

せっかく資格を取ったのに、何の価値も
ないような資格では意味がないからです。
資格試験を受けるだけでも費用がかかります。
多くの人が専門学校等で資格試験を受けて
いるでしょう。

民間資格の中にも歴史があるものもあります。
例えば簿記検定です。これは日本商工会議所が
行っているものです。

日商簿記と言われているのですが、国家資格に
同じ系統のものがないため就職などでは非常に
有利な資格になります。

国家資格でも民間資格でも、一般的に難易度の
高いものは就職に有利と考えていいでしょう。
また、特定の分野で活用される資格もあります。

持っている事が自分の仕事に活かされる様な
国家資格を取ることが大事です。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/483

Return to page top