顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 電気工事を行う際必ず必要になる電気工事士の国家資格

電気工事を行う際必ず必要になる電気工事士の国家資格

家庭や工場などで電気工事を行う際には
国家資格を持っていなければなりません。
電気工事士と言う国家資格です。

電気の配線などを適当に行っていたのでは、
火災などが発生したりして最悪は人命に
かかわることになります。国家資格として
その技術力を認定しておく事が必要なのです。

電気工事士には、第一種と第二種の二種類
があります。専門学校や大学などの電気関係の
学科を卒業しておくことが必要です。

また、同じような国家資格に電気主任技術者
があります。これは電気工事を行う時にいわば
現場監督の位置付の資格です。電気主任技術者
は必ず一人いないといけません。

電気工事士の国家資格は時代とともに少しずつ
変わってきています。それは電気の技術の進歩
などによって、電気工事の内容が変わっている
ためです。

もちろん、仕事をしていく上で必要な国家資格
ですから、それほど難易度は高くありません。
しかし、その資格を取得するための条件が付いて
いるのです。

電気に関する一般的な知識は勉強をする事で
習得することができるでしょう。しかし、
実務経験はそうはいきません。

大学や専門学校などに行かなくても、電気関係の
仕事に就いていれば実務経験を積む事が出来ます。
就職してから電気工事士の試験を受ける事も
可能なのです。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/498

Return to page top