顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » フラワーアレンジメントの技術力を評価する国家資格

フラワーアレンジメントの技術力を評価する国家資格

国家資格の中には少し珍しいものもあります。
それは花に関するもので、フラワー装飾技能士
と言う国家資格です。

花で装飾をするという技術力を評価した
国家資格となります。この試験は1級から3級
までありますが、どれも実務経験が必要です。

自分がフラワーアレンジメントをやりたいと
考えているのであれば、この国家資格のことを
考えていいのではないでしょうか。

しかし、実際に仕事をしていないと国家資格を
取得することが出来ません。プロの技術力を
評価した国家資格と言えるのです。

もちろん、フラワーアレンジメントの仕事は
この国家資格がなければ仕事が出来ないと
いうことではありません。

このような資格の意義としては、国家資格で
その技術力を客観的に評価することにあります。
肩書きとして持つことがお客に対して信頼感を
与えることが出来るのです。

フラワー装飾技能士の試験ではどのような事が
行われるのでしょうか。

学科試験が100分間で、実技が2時間となります。
実技ではフラワーアレンジメントを課題のから
3種類作らなければなりません。

受験料は高額になりますが、実は実技試験には
花代が含まれているのです。花はもちろん新しい
ものですし、試験に使用する事で消耗していきます。
国家試験の中で一番受験料が高いかもしれませんね。

このような国家試験ですが、花の事に詳しい人や
専門学校に通っている人にとってはそれほど難しい
国家試験ではないでしょう。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/508

Return to page top