顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 行政書士になる為に必要な資格

行政書士になる為に必要な資格

役所に提出する申請書類の作成などを行う仕事、
それが行政書士と言う仕事です。
この国家資格を持っている人は自分の事ではなく、
他からの依頼を受けて必要な書類を作成するのです。


行政に関する書類では
その内容について厳密な規定があります。
一般の人がそれをすることは現実問題として
不可能ですから行政書士と言う仕事が
存在しているのです。


例えば、遺言書、契約書、
遺産分割協議書、告訴状などです。
裁判に関する事や、弁護士に頼むようなケースの時に
必要な書類全般と言えます。
これらの書類を作るためには資格が必要です。
行政書士は総務省が行う国家資格なのです。


行政書士の資格を持っていなければ、
仕事を行う事が出来ないというものです。
この資格を持っていれば他人の戸籍や住民票を
取得すると言う権限なども持つ事が出来ます。


そのように重要な仕事ですから、
試験の難易度も高くなっています。
一年に一回試験が行われます。
合格率はだいたい1割程度です。
若い人ならば10代から受けているようです。


もちろん、1回で合格する人はまれですから、
2回、3回と挑戦しているのです。
本当に勉強すれば10代でも取得可能です。


この資格を取る事によって、
自分ができる仕事の内容が増えるのですから、
将来そのような道に進みたいと考えているのであれば、
ぜひ取得を考えてみてください。


試験結果を見てみますと、
40代、50代でもたくさんの人が試験を受けています。
しかし、合格率はだんだんと下がっているのです。


やはり若い時に受験して合格する方が
モアベターなのかもしれませんね。
60歳以上でも2000人以上の人が
挑戦している事実もあります。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/295

Return to page top