顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 介護福祉士になりたい

介護福祉士になりたい

近代の日本で一番求められている職業とは
介護関係の職業ではないでしょうか。


その介護に直接携わる人たちの国家試験として
介護福祉士と言うものがあります。
この資格について紹介しましょう。


介護福祉士と同じような国家資格として、
社会福祉士、精神保健福祉士というものもあります。


通常はこの3つの福祉士を
まとめて取り扱うことが多いようです。


介護福祉士と言うのは寝たきりの老人や
介護が必要な人が今後増えていく事を前提として、
それに携わる人の資格を明確にする為に
設けられているものです。


介護のサービスを行おうとするものは
これらの資格を持っていなければならないのです。
社会全体で介護を支えていこうという事です。


介護福祉士の資格を持つ事によって
その専門的な知識が保証されているのです。
そして介護の現場で
指導的な役割を果たす事になるのです。
介護福祉士の資格を得るためには条件があります。


一つは専門学校などで所定の科目を修めており、
国家試験に合格した場合です。
それから、3年以上の介護の業務に従事しており、
国家試験に合格した場合となります。


もう一つは高校を卒業後、
専門の養成施設を卒業した人も介護福祉士となります。


実際の資格の詳細は、現場の意見などを反映して、
少しずつ変わってきています。
あなたが介護福祉士を目指すのであれば、
詳しく調べておく事が必要でしょう。


現在ではかなりの若い人が介護関係で働いています。
そういった人たちに負けずに働く為には
頑張って勉強しておく事です。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/307

Return to page top