顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 高齢化社会に有利になるケアマネージャーの資格

高齢化社会に有利になるケアマネージャーの資格

今後、介護の仕事は増えていくことが
予想されます。そのために、介護の専門知識を
持っている人が、就職に有利になるのです。

国家資格の一つとしてケアマネージャーという
資格があります。国家資格として正式な名称は
介護支援専門員です。

ケアマネージャーと言った方が、一般の人には
わかりやすいでしょう。ケアマネージャーは
どのような仕事をするのでしょうか。

介護サービスを受ける人に対して、サービスの
計画を作成します。また、サービスを提供する
業者や施設との間での調整も行います。

介護保険の給付管理の事務などもすることに
なります。つまり、介護の現場で大きな役割を
果たすことになるのです。

介護を受けたいけれども、どのようなサービスが
あるのか、保険でどこまでが提供されるのかと
言ったことを詳しく知っておかなければなりません。

これから高齢化が進むことは間違いありません。
ケアマネージャーの重要性は、これまで以上に
さらに高まってくるのです。

職業としては将来性も十分ですから、これから
介護関係で国家資格を取得しようと考えているので
あれば、この資格は申し分ないでしょう。

介護保険法の制定によって、ケアマネージャー
以外にも資格が設けられています。それらの
資格はどちらかというと現場で働く人たちの技能を
高めるためのものです。

ケアマネージャーは直接現場での作業と言うより
全体を見渡した上でどのような介護をすべきかを
理解する立場になります。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/607

Return to page top