顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 不動産関係の国家資格

不動産関係の国家資格

不動産とは、土地や建物等の事ですが
人が生活していく上でとても大事な物です。
仕事としては需要が高い業界と言えるでしょう。

もちろん、その時の社会情勢によって
求人状況は変わってきます。しかし、全体的
には有利な職業と考えていいのです。

不動産関係の国家資格を持っていれば就職に
有利なのです。その中でも不動産鑑定士は
一番難易度の高いものです。

司法試験や公認会計士と同じレベルと
言われています。ですから、この資格を取る
ことは容易ではありません。

不動産鑑定士の資格を取ってしまえば、
スペシャリストとして活躍する事が出来るのです。

不動産の鑑定と言う物は、業界での活動に
おいて非常に重要な役割を担っています。
土地取引の時以外でも、国の地価評価の時
にも活躍します。

このような仕事は不動産鑑定士の国家資格を
持っていなければ行ってはいけないのです。
不動産は単に土地の評価と言うことだけではなく
取引のための証券としても扱われるようになって
きています。

不動産の売買を行う時には、宅地建物取引主任者
と言う国家資格が必要になります。
いわゆる宅建です。

この資格を持っている事で、不動産会社などへの
就職が有利になることは間違いありませんね。
不動産関係の国家資格は仕事に直接結びついています。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/648

Return to page top