顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 医療分野の就職に必須の国家資格

医療分野の就職に必須の国家資格

医療分野のほとんどが、国家資格を持って
いなければ仕事をすることができません。
医師はもちろんですが、看護師、検査技師
などもすべて免許制になっているのです。

人の命にかかわる仕事ですか、当たり前と
言えるかもしれません。それだけに国家試験
の難易度は高いと言えます。

しかし、専門学校を卒業することによって
試験に受かりやすくなるケースがほとんどです。
学校での単位取得で試験のいくつかの範囲を
免除してもらえることが多いからです。

看護師などは看護学校に行く事が一般的なのです。
それでは、医療関係の国家資格としてどのような
ものがあるでしょうか。

看護師、栄養士、薬剤師、保険師、救急救命士
放射線技師、臨床検査技師、歯科衛生士、
理学療法士などがあります。

就職する時には、これらの国家資格を持って
いることが必須条件となります。

自分がどのような道に進むかを考えた時には
それに関する国家資格を取得しておくことが
大事なのです。

もちろん、いったん就職してから後で国家資格
を取得することも可能です。しかし、学生の内に
取っておく方が就職に有利になることは間違い
ないでしょう。

自分の進むべき方向を早めに決定して、それに
向かって勉強しておくことが一番の近道と
言えるでしょう。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/695

Return to page top