顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 国家資格の早期実現が求められる臨床心理士

国家資格の早期実現が求められる臨床心理士

たいていの人は、臨床心理士という職業が
あることは知っているのではないでしょうか。
わかりやすく言えばカウンセラーです。

しかし、臨床心理士と言う国家資格は
現在の日本では存在しません。

心理士という仕事が最近、認知されてきた事が
国家資格制度での整備の遅れを招いています。

臨床心理士という職業は命にかかわるような
場面での仕事のケースもあるのですが、客観的
に評価をすることが困難であるということから
国家資格の導入がされていないのです。

そのような状況を憂えている人たちによって
国家資格の設立が推し進められています。
現在は国家資格ではなく、民間資格として
臨床心理士の肩書があるのです。

臨床心理士は幅広い知識と経験を必要とします。
単なるカウンセラーと言う事では済まないのです。

現代のように心の病にかかる人が多い状況では
臨床心理士のように専門知識を持っている人
への期待が非常に高まっています。

心理学を学んでいる人が臨床心理士としての
資格を得る傾向が多いのですが、実際には
いろいろな民間団体が心理士と言う名称の
資格を設立しています。

それらは相互に関係しているわけではない為
一般の人から見ると区別できない物になって
います。

そのことが誤解されて状況を複雑にして
しまっていると言われています。このような
状況を解決するためには国家資格の早期実現が
求められているのです。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/723

Return to page top