顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 国家資格を取得して独立開業

国家資格を取得して独立開業

国家資格を取得することの目的として、
会社から独立して自分で開業すると言う
ことがあります。

国家資格の中には、その資格を持って
いなければ業務ができないものもありますから
、そのような資格を取得すれば開業への道が
開けるのです。

公認会計士は国家資格としてかなり難易度が
高いものですが、この資格を持つと会計士と
しての仕事をすることが出来るのです。

会計士の看板があがっているところには
必ず資格を持った人がいるのです。
合格率としては1割にも満たないですから
数年間の勉強が必要となるでしょう。

それから不動産鑑定士があります。
不動産の取引において大事な資格です。

不動産会社への就職はもちろん出来ますが
自分で会社を興すということも可能となります。
不動産取引のための資格となります。

それから税理士です。
ご存じの人も多いでしょうが、税務関係の
仕事となります。

すべての会社で会計に関する書類の作成
手続きなどが必要ですから、仕事の需要は
かなり高いと考えてよいでしょう。

税理士の下で働きながら、自分も勉強をして
いつか独立しようと考えている人は多いのです。
税務関係のプロと考えてよいでしょう。

会計事務所等をかまえていることが多いようです。
これも数年の勉強期間が必要と考えておきます。

その他にもいろいろな資格が独立のきっかけ
となります。分野としては経済、法律関係が
多いようです。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/772

Return to page top