顧客資産を分別管理

ホーム » 国家総合資格 » 資格の難易度を知る事で仕事に結びつける

資格の難易度を知る事で仕事に結びつける

様々な分野で国家資格というものがあります。
難易度も内容によって、
それぞれ違いがあります。


自分が受けようと考えている資格の
難しさを知って、勉強しなければなりません。


簡単なものならば前日に勉強するだけで
済むかも知れませんが、
超難関の資格の場合は何年も受けて、
それでも通らない人もたくさんいるのです。


一番難易度の高いものとしては
司法試験、国家公務員、公認会計士などです。
司法試験の難しさは
たいていの人が知っているかもしれませんね。
裁判官や弁護士になるには
この資格が必要になるのです。


その次のランクとしては、
税理士、一級建築士、上級シスアド、
それから証券アナリストなどでしょうか。


次に、日商簿記2級、臨床心理士、
宅建取引主任者などになります。


国家試験の難易度を分野の違うので
比較する事は現実的ではありません。
自分が受けようとしている資格に
類似した資格で難易度を考えましょう。


例えば、簿記の場合で言えば、
日商簿記2級の下は3級ですし、
上は税理士となります。


このように、関連する業種によって
必要な国家資格は変わってきます。


資格が必要な職業であれば、
必ずその国家資格を持っていなければなりません。
しかし、厳密な意味での国家資格ではない場合は、
その資格が必須という事ではないのです。


その資格を持っていることで、
技能の程度を測りやすくする事が目的なのです。


内容や難しさは、どんな仕事に結びつくかによって
変わってくるという事です。
自分の進みたい方向性をしっかり見極めましょう。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/243

Return to page top