顧客資産を分別管理

ホーム » カウンセリング » カウンセリング資格取得者の役割は話を聞き・共感・助言すること

カウンセリング資格取得者の役割は話を聞き・共感・助言すること

カウンセリングの資格取得者の大きな役割と
言えるのは、悩みを持っている人の助けになる
という事でしょう。

どうしても自分一人の力では解決することが
出来ない問題に直面した時に、その人はどんな道を
選んだら楽になれるのかを助言するお仕事です。

ここで自分の考えのみを押しつけてしまうのは
良いカウンセリングとは言えないでしょう。
というのも、この資格所持者が行わなければ
ならないことの基本は、話を聞き、共感する事に
あるからです。

自分の考えを否定してばかりいるような
カウンセリングでは、クライアントは心を
決して開いてはくれません。

誰しも自分の考えには共感して欲しいと思って
いるはずです。後はうまく話を聞きながら
クライアントと一緒にどうすればいいのかを
考えていくことが役割だと言えるでしょう。

カウンセリングの資格を持っていたとしても、
実際に行動や考え方を変え、状況が良くなる様に
実践をするのはクライアント本人です。

カウンセリングの資格を持っていたとしても
出来ることは助言のみです。ですが、その助言が
なければ一人で悩み続けるクライアントも大勢います。

体が疲れた時には休息を取る事で、元の状態に
戻ることが出来ますが、心が疲れた時には、
それだけでは良くなりません。そんな時に状態が
良くなるようお手伝いするお仕事です。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/524

Return to page top