顧客資産を分別管理

ホーム » 漢字検定 » 漢字検定の2級はどれほどのレベル?

漢字検定の2級はどれほどのレベル?

漢字検定において2級ともなると、
社会的にも高い評価を得ていますので、
2級から挑戦する会社員やOLの方が多いそうです。


実際の仕事の上でも使えますし、就職や転職の
ときにもよい評価が得られるのですね。


では、2級はどれくらいのレベルなのでしょう。
実は、高校卒業程度とはなっているものの、
実際に出題される問題はもう少し難易度が高いようです。


もちろん、2級レベルに該当する漢字を
覚えるだけですと簡単ですが、漢字検定では
漢字の読み書きだけでは合格は難しいです。


というのは、読み書きに加えて、対義語、類義語、
四字熟語(その意味も含みます)、熟語の構成、
同音・同訓異字なども出題対象だからです。


ですから、高校卒業程度と侮ってはいけません。
実際、大学生で、不合格になっている方も
たくさんいるのですから。


やはり、試験勉強は必要ですし、
漢字検定用の問題集や参考書も
購入して対策することをお勧めします。


社会人や大学生でしたら、2級合格は
2級レベルの参考書等を書店で購入し、
自分で試験対策をすることで可能でしょう。


通信講座での漢字検定講座は、受講費が
3万円程しますので、少し考えてしまいますね。

ですから、2級は、自分で対策して勉強し、
次の準1級から通信講座を利用してもいいでしょう。


というのも、準1級や1級も個人的に
勉強をして、合格する方が少ないからです。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/446

Return to page top