顧客資産を分別管理

ホーム » 漢字検定 » 漢字検定の4割が中学生です

漢字検定の4割が中学生です

漢字検定を受けようとする人が年々増えていますが、
これは一般人ばかりでなく中学生もそうなのです。


実に、漢字検定の受験者の4割が中学生と
言われているほどです。


高校入試時、漢字検定資格を評価する学校が
増えているのも原因のひとつでしょう。実際、
全国の高校の968校が、単位として認定しています。


中学生のときに取った漢字検定資格を単位と
して認定してくれるのです。
その内容としては、国語一と国語総合で2級を
2単位として認定している場合が多いようです。


でも、3級や準2級であっても、認定単位数を
変えて認定している学校もあるのです。
このような学校は、これから更に増えて
いく傾向にあります。


こうして、高校入学前に取った資格も
単位として認定している学校も増えて
きているため、この漢字検定が成人して
からも役立つであろうと考えられます。


それに、ライセンス特待生入試という制度を
導入している学校もあると聞きます。


これは、受験生が高校時代や社会人に
なってから取得した資格に対して、
一定額の授業料を免除するという制度です。


たとえば、この制度を導入しているある学校では、
漢検資格を取得している場合、
3級で10万円、2級で15万円を初年度の
授業料から差し引いてくれるというのです。


このように、資格を取得することによって、
具体的に授業料免除という形で成果が
報われるので、やる気が出る学生も
増えているのです。


とりわけ、漢字検定は比較的挑戦しやすい
資格ですから、人気が高まるのも納得できますね。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/667

Return to page top