顧客資産を分別管理

ホーム » 医療事務 » 医療事務の重要な役割と仕事内容について・・・

医療事務の重要な役割と仕事内容について・・・

ilm2009_03_045-s.jpg

医療事務の資格は大変人気があります
理由として事務の仕事以上の総合的な役割を担う
出来る重要なポジションで給料も高いです

まずレセプト業務というものがあり
レセプトによって大抵の医療機関経営は
成り立っているといっても過言ではありません
それくらい主な収入源となっているのです

このレセプトを作成することができるのは
医療事務の資格を有している人だけです

一方で、病院の顔を担うこともあります
通常受付業務は、医療事務の資格を有した
人が応対することが現実的に多いのです

クリニックの雰囲気やイメージというのは
受付の人の応対によって決まってきます

ですから、クリニックの良し悪しを決める
重要な役割を演じることができる人という事にも
結果論として繋がってくるのかも知れません

また医者と看護師との間の連絡役を
務めることにもなります。医者から治療方針を
看護師に伝えたり、もしくはカルテの受け渡しなど

実質的に医療行為を行うことはありませんが
医療チームの一員という事も自覚できます

人の命にかかわる現場に実際には
総合的に関わる大変重要な役割を担う仕事です

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/961

Return to page top