顧客資産を分別管理

ホーム » 医療事務 » 医療事務の資格の試験概要

医療事務の資格の試験概要

医療事務の資格の中には、いくつかの
種類があります。代表的な医療事務の資格
として「メディカルクラーク」があります。

メディカルクラークには1級と2級とに
分かれています。
2級試験は年に8回行われています。
7月と9月あとは複数月に行われています。

1級試験は年に3回行われます。
2月6月10月に開催されるのが例年です。

どちらも、実技と筆記の試験、両方の試験が
実施され、7割以上の正解率が合格のラインです。

合格率は56%前後になっていますから、
決して難易度の高い試験というわけでは
ありません。

医療事務の資格には他にも
「診療報酬請求事務能力認定試験」があります。

日本医療保険事務協会が実施している診療報酬の
請求の能力を証明する試験で、信頼性が高い試験
として評価が高いです。

診療報酬請求事務能力認定試験は、
受験資格を設定していません。
ですからだれでも受験することができます。

診療報酬請求事務能力認定試験は年2回
7月と12月の日曜もしくは祝日を利用して
開催されています。

診療報酬請求事務能力認定試験は学科と
実技から構成されていて、実技では実際に
レセプトを作成する試験が用意されています。
難易度は高く、合格率は25%強となります。

医療事務管理士技能認定試験という資格も
あります。こちらの試験では、カルテの管理
からレセプト作成までの能力を

広く考査をされますから、即戦力として
医療機関も雇ってくれる可能性が高まります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1026

Return to page top