顧客資産を分別管理

ホーム » 医療事務 » 医療事務の仕事に適している人・不向きな人

医療事務の仕事に適している人・不向きな人

どのような資格を取得する時にも言える事ですが
医療事務の資格を取得するためには、きちんと
勉強をする必要があります。

一方で、医療事務の資格の有無以前に、
この職業に向いているかどうかも大変重要と
なってきます。

医療事務という職業は確かに事務系の
職業ではあります。しかし同じ事務といっても、
接客の業務が伴うということは理解して
おくべきです。

通常、病院に通院する時には受付で所定の
手続きをします。そして診察を受けて会計を
する時にも受付で行います。

この受付にいる人が、医療事務という
ケースが非常に多いです。ある意味その病院の
顔になる存在ということができます。

自分の仕事が、病院のイメージを決める側面が
あるということは忘れないようにしましょう。

接客と関連している事ですが、細かな気配りが
出来る人物でないと、医療事務の資格を取得して
いても実際に働くことは難しいかも知れません。

特に総合病院の時に、自分の受診すべき科が
どこにあるのか迷っている場合には、進んで
手を差し伸べるような親切さを持っていないと
いけません。

また通院している人の中には、自分の身体が
思うようにいかずに、いらついている人も
いるかもしれません。

そのような人にも、やさしく接することが
出来るような忍耐強さも持っていないと、
医療事務の仕事は務まりません。

医療事務の資格には、レセプトという
診療報酬の明細書を作成する業務があります。
診療報酬にもし間違いがあると、返却され、
また作成し直すことになります。

しかもその間入るべき収入がなくなり、
病院経営にダメージを負わせます。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/908

Return to page top