顧客資産を分別管理

ホーム » 医療事務 » 医療事務の資格取得者に求められる能力

医療事務の資格取得者に求められる能力

医療事務の資格を取得する為には、
レセプトを正確に作成する事が出来なければ
なりません。

レセプトというのは診療報酬の明細書の事で
レセプトを元にして保険組合から報酬を得る
ことになります。

レセプトを作成する場合にはまず、カルテを
読むことが出来ないといけません。また診療
報酬は、点数によって決められています。

この点数についてですが、定期的に見直しが
行われています。常に点数の改定が行われて
いないかどうかについて、

情報を常にチェックする能力が求められる
資格といえます。

診療報酬を作成する場合、基本的なデータの
管理はパソコンで行っています。ですから
医療事務の資格を取得する為には、パソコンを
ある程度使いこなす能力が必要となります。

通常レセプトを作成して保険組合に提出を
します。すると保険組合の方で、レセプトに
誤りがないかどうかについてチェックが入ります。

もし誤りがあった場合には、突き返され、
再びレセプトを作成し直すことになります。
二度手間にもなりますし、その間報酬を得る
ことが出来ません。

つまり見込んでいた収入を得る事が出来ずに
病院の経営にも大きなしわ寄せがきます。

医療事務の資格を取得する為には、
一度作成したレセプトを再び見直して、
誤りがないかどうかを確認する忍耐強さが
求められます。

医療事務という仕事は、接客業務でも
あるので患者の人と接したり、看護師や
医者の間の連絡役を務める事もあります。

コミュニケーション能力に長けている事も
重要な条件となります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/918

Return to page top