顧客資産を分別管理

ホーム » 医療事務 » 医療事務の主な仕事内容

医療事務の主な仕事内容

医療機関では医療事務の資格を取得して
いる人へのニーズは、特に高くなってきて
います。

その理由として医療事務の資格を取得して
いる人は「診療報酬明細書」別名「レセプト」
の作成能力があるからです。

診療報酬明細書は、保険組合に治療費に
ついての請求を行う時に必要とされるもの
です。

治療費については、点数制になっていて、
どの治療を行うと何点ということが細かく
決められています。

診療報酬明細書は点数の知識があり、
なおかつカルテなどから治療費の算出をする
ことが出来なければなりません。

診療報酬明細書は医療機関にとっては、
収入源となるもので、ミスがあると支払われ
なくなります。

このため診療報酬明細書にミスがあると、
医療機関は収入面で大きなダメージを受けて
しまいます。

医療事務の資格を有している人が
求められるのは診療報酬明細書を確実かつ
迅速に処理をしてくれるからです。

しかし医療事務の資格を持っていても、
この仕事が務まるとは保証できません。
それくらいこの仕事にはほかにも業務内容が
あるからです。

受付業務の担当を任されることもあります。
その病院の顔的な役割を担わされることも
あります。

また、場合によっては医者と看護師の間の
橋渡し的な役割を任されることがあります。

治療方針に関する情報やカルテの受け渡しに
関わる事もありますから、人の命にかかわる
重大な部分で役割を果たすことになります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/941

Return to page top