顧客資産を分別管理

ホーム » 薄記3級 » 簿記3級の資格取得者に求められるニーズ

簿記3級の資格取得者に求められるニーズ

資格の中には、取得したとしても
なかなか就職に繋がらない、ニーズが
少ない資格もありますが、簿記3級の
場合について考えてみましょう。

まず、簿記3級の資格を持っていると
いうことは、帳簿をつける力を持っている
ということになります。

帳簿というのは、様々な取引をする際に
必ず必要なものであり、家庭でも家計簿を
つけている人も多いはずです。

小さなお店であった場合でも、
個人事業主だった場合でも帳簿は必ず
必要になってきます。

実際問題、簿記3級の資格所持者のニーズ
はとても多いです。

帳簿をつけるだけならある程度の知識さえ
あれば出来ることではありますが、それを
分かりやすく整理したり、

すぐに計算をするということは
それなりの勉強が必要になります。

帳簿をつける必要がある企業というのは
日本全国どこにでもあります。

つまり、簿記3級の資格を持っていれば
引っ越しをしたり、一度出産などの関係で
職を離れても、

何の資格も持っていない人に比べて
就職先が見つけやすいという事になります。

簿記3級は簿記の基本でもあるので、
これを持っていないと事務関係などの仕事に
つけないこともあります。

持っていて損をするというものでは
絶対にありません。

なかなか就職先が見つからないという人は
空いた時間を利用して勉強を始めてみては
どうでしょうか。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1394

Return to page top