顧客資産を分別管理

ホーム » 薄記3級 » 簿記3級の資格取得者の給料と初任給

簿記3級の資格取得者の給料と初任給

簿記3級の資格取得者の給料・初任給は
どの仕事に就くのかによっても違いますが
一般的に簿記3級の資格を持っていると、

資格手当と呼ばれるものが給料・初任給に
上乗せされるケースが多いようです。

これは、国が定めている額などがあるわけ
ではないので、あくまで会社によって大きく
異なります。

簿記3級の資格を持っているのが基本条件
として募集がされている場合等は、最初から
給料の中に手当として加算されていることも
あります。

必ずしも給料が大幅アップするという事は
ありませんが、持っていると様々なメリット
があります。

例えば、重要な仕事や、他の知識がない人
には任せられない帳簿の仕事が貰えたりと
いったものです。

つまり、給料に手当が加算されなかったと
しても、仕事量が安定したり増えたりと
いったメリットがあるので、

簿記3級の資格を取得していると
給料が増えると考えても間違いではない
でしょう。

社内でより責任感があり知識が必要な
仕事の担当になれれば、その分、給料の
アップが見込めます。

また、長く勤めたい会社なのであれば
是非取得しておく事をお勧めします。

会社の運営状況が悪化した時など、
リストラの対象から外れることが出来る
場合もあります。

一度知識を取得してしまえば、
何年でもその知識を生かして働くことが
出来るのが最大の魅力です。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1404

Return to page top