顧客資産を分別管理

ホーム » 薄記3級 » 簿記3級の資格保持者に求められる能力

簿記3級の資格保持者に求められる能力

簿記3級の資格保持者の限定で募集
されている仕事などは、それに応じた
能力を持っている人という事で募集
されています。

高校生活の中で一瞬だけ勉強して
簿記3級の資格を取ったものの、あまり
中身を覚えていないという人は苦労を
するかも知れません。

簿記3級にはどれくらいの能力が
求められるのかというと、収入や支出等
計算に使う数字を見ただけで、

企業の大きさや経営状態を把握する事が
出来るくらいのレベルです。

逆に言えば、簿記3級の資格を持っている
という人を募集している企業からすれば、
それ位の力があると思って扱われます。

合格のラインというものがありますが、
100点満点で合格した人もいれば何度も
落ちてギリギリのラインで合格した人も
いることでしょう。

ですが、一般的に簿記3級の資格を持って
いるとされる人にはそれくらいの能力が要求
されていると思ったほうが良いです。

自社の帳簿付けだけでなく、
他企業とも取引をする会社に勤める場合
取引先企業の経営状態もわかる能力が
必要となります。

ここで計算されたものを元に、
営業などが動くことも多いので、会社に
とってとても重要な仕事を任せられる事が
多いということを理解しておきましょう。

ただ資格を持っているというだけでは
求められる能力に届いていない事もあるので
自分がどれだけ中身を理解しているのか、
レベルを持っているのかも確認したほうが
無難だと思います。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1455

Return to page top