顧客資産を分別管理

ホーム » 薄記3級 » 多岐に渡る簿記3級の資格取得者の仕事内容

多岐に渡る簿記3級の資格取得者の仕事内容

簿記3級の資格取得者の仕事内容は
多岐に渡ります。

まずは求人サイト等を利用し、
応募するのに簿記3級の資格が必須と
されている求人の仕事内容を確認して
みてはどうでしょうか。

簿記3級の基本中の基本とも言える
仕事内容は帳簿付けとなります。

帳簿付けは会社を運営していく上での
基準ともなるもので、自分だけではなく
その帳簿を利用する全ての人にわかる様
にまとめる必要があります。

仕訳入力には会計ソフトが使われること
もあるので、パソコンで仕訳をする企業で
働きたいのであれば、フリーのソフトを
利用して勉強しておいた方が良いでしょう。

他にも伝票起票・業績管理などが
仕事に含まれる場合があります。

特に業績管理を任されるということは
ただ計算をすれば良いというわけではなく
計算で出した数値を元に今後の営業・運営
の仕方を考えることにもなるので、とても
強い責任感が必要とされます。

簿記3級の資格が関係する仕事のみを
任せられるところもあればその他の業務も
行う企業も多いです。

例えば、書類のファイリングだったり
来客対応・電話対応などです。

従業員が少ない会社なのであれば、
一人で来客の対応をして、来客がない時間
には書類の整理、

簿記3級の資格を生かした作業を行う等
自分でスケジュールを調整しなければ
ならない場合もあります。

最近では簿記3級の資格を使って計算した
ものを元に報告書をパソコンソフトのワード
で作る能力が求められる仕事も増えてきている
ので、パソコンの能力も身につけておく様に
しましょう。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1483

Return to page top