顧客資産を分別管理

ホーム » マイクロオフィス » マイクロソフトオフィスエキスパートとスペシャリストの違い

マイクロソフトオフィスエキスパートとスペシャリストの違い

マイクロソフトオフィスエキスパートの他にも
スペシャリストという資格があるということを
覚えておきましょう。

難易度の違いだと思ってしまいがちですが、
正確には出題範囲が違います。

スペシャリストは基本を、マイクロソフト
オフィスエキスパートはそれの応用まで使える
事を証明する資格です。

マイクロソフトオフィスエキスパートを検討
している人でも、最初はスペシャリストの資格
から取得するのがお勧めとなります。

どちらから取得することも可能ですが、応用は
出来て基本が分からないとなると、出来る仕事が
減ってしまいます。

また、マイクロソフトオフィスエキスパートの
試験で使われるのがワードとエクセルであるのに
対して、スペシャリストの方は、これに加えて
パワーポイント・アクセス・アウトルックもあります。

全てをまとめて受験するのではなく、一つ一つを
取得する事になるというのも覚えておきましょう。
ワード・エクセルは考えておきたい資格ですが、
出来ればパワーポイントも使えると選択できる
仕事の幅が広がります。

パワーポイントは、プレゼンテーション用の
ソフトで、業種によっては必須とされている事も
あります。

企業内で自分で資料を作って提案しなければ
ならない事がある場合などは、必須とされる事が
多いですね。

関連記事

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/634

Return to page top