顧客資産を分別管理

ホーム » ホームヘルパー » ホームヘルパーの資格についての概要と種類

ホームヘルパーの資格についての概要と種類

ホームヘルパー資格取得者の仕事は、
日常生活を送る事に支障のある高齢者や
身体障害者に対して家事援助や身体介護を
行うことが目的とされています。

ホームヘルパー資格は、訪問介護の専門職
として広く認識されている資格のひとつです。
ホームヘルパー資格には、1級から3級まで
の種類があります。

その中で2級と3級については受験資格の
制限はありませんが、1級は2級取得後
1年以上経過していなくてはなりません。

ホームヘルパーとして働く為には、
まずホームヘルパー資格2級を取得する
必要があります。

ホームヘルパー資格取得者の多くは、
このホームヘルパー2級取得者となっています。

その後はホームヘルパー1級や、介護福祉士
ケアマネージャー等といったようにステップ
アップすることも可能です。

介護や福祉の業界で仕事をしたいと考えるので
あれば、こういったホームヘルパー資格や
ケアマネージャー資格はなくてはならない
ものです。

高齢化社会の進行によってホームヘルパーの
ニーズはますます高まっていますが、ホーム
ヘルパーの資格取得者はまだまだ少ないと
いうのが実情のようです。

ホームヘルパー資格は所定の講座を受講する
ことで得ることが出来るという手軽さから、
とても人気の高い資格となっています。

専業主婦の方でも空いた時間に働くことが
出来るので、人気となっているようです。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1004

Return to page top