顧客資産を分別管理

ホーム » ホームヘルパー » ホームヘルパー資格の取得方法

ホームヘルパー資格の取得方法

公的な資格であるホームヘルパー資格は、
2級や3級の資格取得であれば特に受験資格
などは必要なく、

必要な講座さえ受講すればどなたでも資格を
取得する事が可能です。

厚生労働省が認定している講習を必要時間
修了することで、認定資格を取得する事が
出来ます。

ホームヘルパー資格取得の為の必要時間は
130時間で、内訳は講義58時間・実技
42時間・実習30時間となっています。

ホームヘルパー資格の1級は、受験資格と
して2級取得後に実務経験が1年間必要と
なります。

ホームヘルパー資格の講習ですが、
公的受講機関と民間の受講機関の2種類から
選択することになります。

各期間によって講習日程や実習日程などが
決まっている場合が多く、日程を合わせながら
の受講になることもあるようです。

民間の受講機関は平日や土日など幅広く日程が
選択出来るようになっており、仕事をしながら
ホームヘルパー資格の取得を考えている方に
とっては最適なのではないでしょうか。

さらにホームヘルパー資格には教育訓練給付の
対象となっている為に、条件に見合った方は
講座終了後の受講料の20%がハローワークから
給付されることとなっています。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1014

Return to page top