顧客資産を分別管理

ホーム » ホームヘルパー » ホームヘルパー資格試験の概要

ホームヘルパー資格試験の概要

ホームヘルパー資格を取得する為には、
特別な試験を受ける必要はありません。

ホームヘルパー資格2級試験は、民間の
養成研修機関が主催している講座を受講する
ことで資格を取得することが可能です。

ホームヘルパー3級では家事援助のみと
なるので身体介護を行うのであれば2級を
取得しなければなりません。

受講期間は各研修機関によって異なりますが、
講義・実技・実習の3つを受講しなければ
なりません。

講義では社会福祉について、実技では実際の
介護で使用する介護術などを学ぶ事になります。

各時間数が決まっており、3級では50時間
2級では130時間以上が必要となります。

実習では各老人ホームなどの施設や在宅での
サービスに同行して行います。

ホームヘルパーとして仕事をする為には
2級を取得する必要がありますが、3級を
取得している必要はなく2級から取得する
ことが可能です。

各スクールによって異なりますが、通信と
通学の併用というスタイルで学ぶことも
可能です。

ホームヘルパー資格取得後は仕事を紹介して
くれるスクールもあるので、すぐに仕事を
したい方はそういったスクールを選択する
ようにしましょう。

ホームヘルパー資格は誰もが資格取得が
出来る資格ですから難易度も低いと言え
ますが、実際の職場では日々勉強が必要と
なるでしょう。

ホームヘルパー資格からステップアップ
することで介護福祉士やケアマネージャー
などになることも可能なのです。

ホームヘルパー資格2級は、全ての介護の
資格の基礎となる資格でもあります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1046

Return to page top