顧客資産を分別管理

ホーム » ホームヘルパー » ホームヘルパー資格の給与と初任給

ホームヘルパー資格の給与と初任給

ホームヘルパーなどの介護職は、
マスコミなどでも介護職の給与の低さ
が取り上げられ、問題となっています。

ホームヘルパー資格者の平均給与は
21万円弱で、各種手当てを含めたとしても
23万円弱と一般のサラリーマンに比べると
給与の低さがお分かり頂けるのではない
でしょうか。

この平均給与額は正社員で、多くは30代・
40代という年齢層となっています。

この年齢でこの給与額では割りに合わない
ということで、福祉業界から去っていく方も
多くいらっしゃるようです。

ですが最近では介護保険制度の見直しや、
報酬設定の見直しなど介護職の報酬についての
様々な見直しが検討されているのも事実です。

介護保険が導入されたことによって、
介護の専門性もどんどんと高まってきています。

ホームヘルパー資格は講義を受講する事に
よって資格取得が可能ですが、高まる専門性の
ニーズにきちんと答えることが出来るように
自らも勉強をしなければならないのではない
でしょうか。

確かに給与や初任給で言えば、ホームヘルパー
資格を持っていても給与レベルが低いというのが
現実です。

これから先はホームヘルパー資格者も、
もっともっと高い知識を問われることに
なるでしょう。

そうなれば、自然と報酬も見合ったもの
へと変わっていくのではないでしょうか。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/895

Return to page top