顧客資産を分別管理

ホーム » ホームヘルパー » ホームヘルパー資格に求められる能力

ホームヘルパー資格に求められる能力

講座の受講によって資格を得ることが出来る
ホームヘルパー資格ですが、実際に仕事をする
上でどのような能力が求められるのでしょうか。

ホームヘルパーの仕事というのは、
生活の補助や介護といったお世話をすること
だけが仕事ではありません。

ホームヘルパーの仕事のひとつには、
相手とのコミュニケーションを図るという
ことがあります。

介護や福祉サービスを利用する高齢者と
いうのは、会話能力が少し低くなっていると
いうのが現実です。

話したことを覚えていない・同じ事を聞く
言葉の理解が出来ないなどそれぞれ会話レベルと
いうのは異なりますが、

相手とのコミュニケーションを取るという
能力がホームヘルパー資格にとっては一番
求められる能力であると言えます。

会話の食い違いから不信感が芽生えたり、
聞き間違いからきちんとした業務を遂行する
ことが出来ないなど様々な弊害が起こる事に
なってしまいます。

高齢者が安心して介護を受ける事が出来る
ようにする為には、相手がきちんと理解する
ことが出来るようにゆっくりと分かりやすく
話すということも大切なことです。

相手が何を求めているのかを理解し、相手の
立場にたって物事を考える能力というのが
ホームヘルパー資格に求められる能力と言える
でしょう。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/926

Return to page top