顧客資産を分別管理

ホーム » ホームヘルパー » ホームヘルパー資格を取得し働くための方法

ホームヘルパー資格を取得し働くための方法

ホームヘルパーの資格を取得し、
ホームヘルパーとして働く為には
どのようにすればよいのでしょうか。

国が定めたホームヘルパー養成講座を
所定の時間修了することで、ホームヘルパー
資格を取得することが出来ます。

年齢制限などが無いので、どなたでも
ホームヘルパー資格を取得する事が可能です。

養成学校などでは資格取得後の仕事先を
紹介してくれるところもあるので、養成学校
などで資格を取得すると必然的に仕事に
就くことが出来ます。

他にも各自治体などでホームヘルパー資格
取得者の募集があったり、各老人ホームや
介護施設などでも多くの募集があります。

ホームヘルパーとして働くことは、講座を
修了さえしていれば比較的簡単に働くことが
可能です。

現在はホームヘルパーの数も不足している為
多くの求人募集があります。主婦の方に向けて
好きな時間に働くことが出来るように、登録制
によってお仕事を紹介してくれる所もあります。

ホームヘルパー資格は1級から3級が
ありますが、実際の介護の場で必要とされる
のはホームヘルパー2級の資格となります。

同じ資格取得するのであれば、ホームヘルパー
2級以上を目指すようにしましょう。

ホームヘルパーとして経験を積むことで、
その上の資格である介護福祉士の資格を取得
することも出来ます。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/940

Return to page top