顧客資産を分別管理

ホーム » カラーコーディネーター » カラーコーディネーターの資格についての概要と種類

カラーコーディネーターの資格についての概要と種類

カラーコーディネーターの資格取得者は
様々な物の色を最も適した組み合わせにし
生活に潤いと調和をもたらす資格です。

資格には2種類あります。
色彩に関する検定試験では、ただ1つ
文部科学省から後援を受けているのが
社団法人全国服飾教育者連合会による
「色彩検定」です。

もう一つのカラーコーディネーター資格は
東京商工会議所が主催している

「カラーコーディネーター検定試験」で
受験の申込方法、検定試験の行われる時期
検定料、問題内容や試験の制限時間等に
違いがあります。

2つの検定試験の難易度はほぼ同じと
言われています。

両方とも社会的な信頼度の高い資格であり
また、色を扱う仕事に就くならカラーコーディ
ネーターの資格取得は必要とされる条件に
なっていることもあります。

それぞれ1級から3級からまでのレベルがあり
色彩の専門家として高い知識を得たいなら、

難関とされる1級合格を目指すと自分の評価を
上げることにもなり、就職などで優遇される事も
多いでしょう。

カラーコーディネーターは、アパレルや建築
美容関係の資格と併用して取得する事があります。

また、カラーコーディネーター資格は
スキルアップために取得することもあって
デザインや建築、流通などの業界によっては
取得すると良いとされる資格もあるようです。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1269

Return to page top