顧客資産を分別管理

ホーム » カラーコーディネーター » カラーコーディネーター資格を取得する方法

カラーコーディネーター資格を取得する方法

カラーコーディネーターの資格を
取得するには検定試験を受験する必要が
あります。

ただし、カラーコーディネーターとして
働く場合には、必ずしも資格が必要という
わけではありません。

感性が問われる仕事であるだけに、
色に関する能力があれば充分仕事をこなす事は
可能ですが、しかし信頼という点では不足
しているようです。

カラーコーディネーター資格を取得する事は
ある一定の専門知識を身に付けていると認定
される事でもあります。

企業がカラーコーディネーターを採用
するのならば、能力があると評価する根拠と
なる資格の有無は重要になります。

また、色彩に関する多くの知識を得られ、
非常に多くの業界で役立てる能力をマスターし
活躍の場を広げられることからも、

カラーコーディネーター資格取得は、
評価を得るには基本的な条件ともなって
いるのが現状のようです。

カラーコーディネーターの検定試験は
種類が2つあります。

社団法人全国服飾教育者連合会による
色彩検定と東京商工会議所主催のカラー
コーディネーター検定試験があり、
1級から3級があります。

ファッション色彩、商品色彩、環境色彩等の
分野から出題され、マークシート式や記述式、
1級になると実技試験も行われて有資格者たる
能力があるか試されます。

合格基準は100点満中70点以上取れば
合格となります。3級は約60%、2級は
約40%の合格率とされ、

最も難易度が高いのは合格率15%ほどの
1級で、合格すると合格証や資格証、あるいは
各級に応じた称号が与えられます。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1282

Return to page top