顧客資産を分別管理

ホーム » カラーコーディネーター » カラーコーディネーターの資格取得者の傾向

カラーコーディネーターの資格取得者の傾向

カラーコーディネーターの資格を
これから受験して取得しようと考える方や
既に取得している方にはどのような傾向が
あるのでしょうか。

カラーコーディネーター資格には、
A・F・Tの色彩検定と東京商工会議所主催の
カラーコーディネーター検定試験があります。

2つは色彩のプロフェッショナルとして
認められ、知名度も高い資格だけに毎年
多くの受験者がいるようです。

資格取得を目指す方には非常に幅広い
業種・職種の受験者がいて、また、年齢・
性別・学歴や国籍を問わずに受験出来る事
からも様々な方が受験会場に集まります。

カラーコーディネーター資格取得者は
就職の際に優遇されることがあります。

比較的学生の受験者が多いとされますが、
今の仕事に役立てるためやスキルアップを
目的に社会人が検定試験を受けるケースも
目立ちます。

なお、色彩検定は文部科学省後援という
ことから学生の受験が多いとも言われます。

それから、資格の種類によって受験者が
働く業界の傾向が別れるようです。

ファッション、美容などの感性の高さが
重視されるような業種では色彩検定を、

デザインや建築、デパートなどの流通業界
ではカラーコーディネーター検定試験が受検
されている傾向にあります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1303

Return to page top