顧客資産を分別管理

ホーム » カラーコーディネーター » カラーコーディネーター資格の試験概要

カラーコーディネーター資格の試験概要

カラーコーディネーターの資格取得には
必要な色彩に関する理解度を検定される試験
だけに、色についての基礎的な設問から、

配色、ファッションやインテリアデザインの
色彩、さらに1級では環境にユニバーサル
デザインと色との関連性など、出される設問の
分野は多岐に渡ります。

資格取得に求められる知識は仕事はもちろん
プライベートでも役立つ事柄がとても多く
しっかり勉強して合格を目指しましょう。

試験の概要ですが、カラーコーディネーターの
検定試験は、社団法人全国服飾教育者連合会
による色彩検定は3級が夏期(6月)、

冬期(11月)にあり、試験時間は70分
2級では開催時期は同じで時間が80分です。

1級は年1回になって100分の1次試験が
11月に、2次試験は12月に90分掛けて
行われます。

東京商工会議所によるカラーコーディネーター
検定試験の場合では春と秋に行われ、試験時間は
2時間となります。

1級は年に1度だけ冬に試験があり、
試験時間は2時間30分となります。

受験資格はどちらもなく、
年齢・学歴・国籍・性別の制限なく受験でき
どの級を受験しても良いとされます。

試験時間が重ならなければ3級や2級
あるいは、2級と1級を同じ日に受ける事も
可能ですが、色彩検定では3つの級全てと
3級と1級の併願は出来ません。

カラーコーディネーター試験で各級満点の
70%前後の得点なら合格し、資格取得と
なります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1327

Return to page top