顧客資産を分別管理

ホーム » 心理カウンセラー » 心理カウンセラーの資格についての概要と種類

心理カウンセラーの資格についての概要と種類

心理カウンセラーと言っても、
その種類は実に様々です。

心理カウンセラーの資格の中でも、
特に有名で社会的信頼も高いのが
臨床心理士です。

日本臨床心理士資格認定協議会が
認定する資格で、取得するにはいくつかの
条件をクリアしなくてはなりません。

NPO法人日本交流分析協会と
日本交流分析学会が認定するのが
交流分析士です。

交流分析士は人間関係に着目し、
その傾向からより良い対人関係へと
導いていく心理療法です。

論理療法士は日本論理療法学会が
認定している資格です。

論理療法は心理カウンセラーの中では
珍しく、カウンセラーが主体となって
行う療法で、思考や思い込みを読み修正
していくという方法です。

日本行動療法学会が認定する行動療法士は
行動パターンから思考プロセスを分析する
心理療法です。

より専門的な知識を要求されるため
一般に取得するのが難しいと言われています。

教育の場で働くには教育カウンセラーや
学校心理士という資格が必要です。

いずれも子供や子供を取りまく環境など
教育にかかわる様々な面で心理ケアを行います。

社団法人日本産業カウンセラー協会が
認定する産業カウンセラーは産業と言う
広い分野で活躍するための資格です。

メンタルケアだけではなく、人材育成や
能力開発を求められることもあります。

メンタルケア協会が認定する精神対話士は
患者の話をひたすら聞くことで心の傷を癒す
役割を担っています。

論理療法士に対して、精神対話士は
患者主体の心理療法と言えます。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1295

Return to page top