顧客資産を分別管理

ホーム » 心理カウンセラー » 心理カウンセラー資格の取得方法

心理カウンセラー資格の取得方法

心理カウンセラーの資格には様々な
種類があり、取得する資格によっても
大きく変わります。

資格の取得方法や条件も認定する機関に
よって異なるため、認定資格の中でも、
もっとも有名で信頼の高い臨床心理士と
産業カウンセラーを例にとってみましょう。

前者は財団法人日本臨床心理士資格認定
協議会が認定する資格で、資格試験を受験
する条件として、協会の指定する大学院を
卒業する必要があります。

協会が指定する大学院には第一種と
第二種があり、第一種の場合には大学院の
修士課程を修了する事で受験資格を得る事が
出来ます。

第二種の場合には修士課程の修了後、
一年以上の心理臨床経験が必要になります。

多くの機関では心理職の採用条件として、
臨床心理士の資格を挙げています。

その為、特に専門的な分野でない場合
臨床心理士の資格は取得した方が良い
でしょう。

産業カウンセラーの場合、
社団法人日本産業カウンセラー協会への
入会などは必要ありません。

協会が指定する養成講座を受講し、
修了後実技を含む資格試験に合格する事で
取得することができます。

大学などで心理学関連の学部を卒業して
いる場合は、養成講座の受講を免除される
ケースもあります。

産業カウンセラーは産業カウンセラーと
シニア産業カウンセラーに分かれています。

シニア産業カウンセラーは産業カウンセラー
と比べるとより高度で専門的な知識を要求
されます。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1304

Return to page top