顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 収入面とやりがいのある業務内容が公認会計士の魅力

収入面とやりがいのある業務内容が公認会計士の魅力

公認会計士の資格を取得する為には
とても大変な労力を必要としますが、
一方でメリットも大きいですし、
その魅力も実に様々です。

会計や財務の専門知識を持ち、
こうした知識を生かし活躍できる場は
国内だけに留まらず海外にも及び、
多岐に渡ります。

さらに、本人の実力次第では独立する
ことも可能です。ただし、公認会計士の
資格試験に合格した人の多くは

まず監査法人に勤めるため、合格して即、
独立という人は稀といえます。

最大の魅力は、なんといっても収入面に
あるのではないでしょうか。他の士業と
比較しても、安定して高い平均収入を得る
ことができます。

独立をした場合でも、その人の能力にも
よりますが、他の業種に比べたらかなり
高めの報酬を期待することができます。

さらに独立をすれば定年がないため、
生涯現役を貫くことも可能です。

公認会計士の資格取得者にとって、
仕事のやりがいというのもやはり大きな
魅力といえます。

会計や財務の専門家として、
税務業務や監査業務、MAS業務などに
携わっていきます。

監査業務は企業にとっては社会的信用を
保つ上で欠かせないものですし、尚且つ
公認会計士の資格保有者にのみ認められた
独占業務といえます。

このように、社会的な貢献度が高く、
財務や税理の専門家として、企業においては
経営者として企業を牽引していく期待を
されることもあります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1373

Return to page top