顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の資格取得者に求められるニーズ

公認会計士の資格取得者に求められるニーズ

公認会計士の資格試験は、他の資格試験に
比べるととても難易度の高い試験です。

しかし、その分ニーズが高く、
取得すれば一生仕事には困らないとも
言われています。

多くの公認会計士の資格試験合格者は
最初は監査法人に所属する事になります。
こうした経験を経た監査法人出身者には
根強いニーズがあります。

例えば、再生事業やM&A
(企業の合併や買収)などを取り扱う
コンサルティングファームなどのニーズが
高まっていますし、

IFRS支援や国際税務に力を入れる為に
新規事業部門を立ち上げることもあります。

こうした時代の流れからしても、
公認会計士の資格保有者の必要性の高さが
伺えます。

さらにニーズが高い理由としては、
人材不足が挙げられます。

これほどニーズが高く、他の職種よりも
高い年収を稼げる職業ですが、日本には
公認会計士の資格保有者の数は不足して
いると言えます。

理由の一つとして、やはり試験のハードル
の高さが挙げられます。

その為、近年、高まるニーズに応えるべく
多様な人が受験することが出来るように
試験制度が変更されました。

そして、公認会計士と他の資格を
組み合わせることにより、さらに可能性の
幅を広げることができます。

例えば、MBA(経営学修士)との
組み合わせにより、一般的な立場よりさらに
経営的な立場に踏み込んで経営者を支援する
ことが出来るようになるでしょう。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1379

Return to page top