顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の資格取得者の給料と初任給

公認会計士の資格取得者の給料と初任給

公認会計士の資格試験は、
最難関の試験の一つといえます。

その為、合格者の数は限られてきますが
その分合格すれば他の職種に比べてかなり
高額な収入を期待する事が出来ます。

初任給からいきなり年収1,000万円以上
を稼ぐという人はさすがにいないでしょうが
それでも600万円位になります。

一般的な職種の初任給と比較すると
かなり高額であることがわかります。

公認会計士の資格試験が難関であるため
相応の年収といえるかも知れません。

個人差はもちろんあるでしょうが、
公認会計士の資格保有者の年収は3年で
約750万円、5年で約900万円と
言われています。

これまでの例はあくまで監査法人などで
雇われている場合であり、仮に独立すれば
1,000万円以上の年収を得ることも
決して夢ではありません。

独立にはリスクが伴いますが、
独立をして成功すれば年収も1,000万
から2,000万、あるいはそれ以上の
収入を手にすることも可能です。

当然、誰しもがこれだけの額を稼げると
いうわけではありませんので、能力的に
及ばない場合は雇われの身の方が高収入と
いうケースもあります。

公認会計士の資格は、弁護士や医師と
ならび三大国家資格といわれる難関試験の
一つです。

試験に合格するには相当な努力を要する
でしょうが、その代わり合格後の収入面での
魅力はとても大きなものになります。

現在は国の政策の影響もあり、
合格率は以前に比べて上がってきているので
試験を受けるには良い時期かも知れません。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1393

Return to page top