顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の資格取得にはどんなタイプの人が向いているか

公認会計士の資格取得にはどんなタイプの人が向いているか

公認会計士の資格試験はとても
難易度の高い試験となります。

試験に合格して働き始めても、
普通の人が解決する事が出来ない仕事を
扱う訳ですから適正が大切になります。

公認会計士の資格保有者として仕事を
する為には、どういうタイプの人が向いて
いるのでしょう。

当然のことながら数字を扱う仕事なので
数字に強い人が向いています。それから、
冷静沈着に物事を判断する事が出来る人で
あることも重要です。

実際に取り扱う仕事は、
内容も量もかなり大変なものです。

数字で状況判断をして、感情的にならずに
落ち着いて仕事をこなす必要があります。

その為、簡単に混乱してしまうような人
だと試験に合格しても公認会計士の有資格者
として職務に携わるのは難しいでしょう。

ただ数字と向き合っていれば良いというわけ
ではなく、クライアントとの付き合いも大切
な仕事です。

クライアントには様々な人がいますし、
その中には一癖も二癖もある人だっている
ことでしょう。

公認会計士の資格を活かしていくには、
こうした人と渡り歩く為の対人関係の
コミュニケーション能力が備わっている事
も欠かすことの出来ない適正の一つです。

さらに、グループで業務に取り組むため、
協調性なども不可欠です。

仕事そのものも大変な責任を伴うため、
途中で投げ出してしまうような人では
絶対に務まりません。

責任感が強く、何事も最後までしっかりと
やり遂げる人が向いていると言えるでしょう。

公認会計士の資格を取ればそれで良いと
いうものではないですし、ただ数字や経済に
強ければ良いというわけでもありません。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1403

Return to page top