顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の資格を取得するための方法

公認会計士の資格を取得するための方法

公認会計士になる為には、
いうまでもなく公認会計士の資格試験に
合格する事が不可欠です。

短答式、論文式の2種類の試験があり
短答式試験に合格後、論文式試験に合格を
する必要があります。

科目合格制など公認会計士の有資格者を
増員させる国の政策のおかげで、以前に
比べればかなり受験者の負担が減り、

全く手の届かない試験ではなく努力すれば
いずれは合格する事が出来る試験になったと
言えます。

それでも、独学での合格者は殆どいないのが
現状です。たいていの人は、専門学校などを
利用して勉強しています。

毎日何時間も勉強し、数年かけて合格する
という人が、大多数を占めるのではない
でしょうか。

以前と比較して合格しやすくなったとはいえ
公認会計士の資格は気軽に狙える類の試験では
ありません。

受験制限がない為、社会人や大学、短大、
専門学生など様々な立場の人が受験する事が
出来ます。

多くの試験合格者は、監査法人へ就職します。
資格試験に合格した後、公認会計士として
業務に携わるには実務経験が2年以上必要に
なるからです。

そして、監査法人へ就職することが要件を
満たす最短距離になります。そのため、
多くの試験合格者が監査法人への就職を
希望しますが、

中には試験に合格しても就職が
決まらないという人も出てきてしまいます。

あまり知られていませんが、
必要とされている実務経験は監査実務に
限定されているわけではなく、

監査実務以外の実務経験でも専門家として
働く道があります。

試験合格者は監査法人に拘るのではなく
様々な道を模索していく事が必要と言える
かも知れません。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1415

Return to page top