顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の資格の意義と重要性

公認会計士の資格の意義と重要性


弁護士や医師とともに日本の三大国家資格と
称される公認会計士の意義・重要性は、今後も
強まっていく事でしょう。

特に独占業務と言える監査業務においては
不可欠な存在の資格と言えます。

株式上場している企業は、
法律により会計監査を受けることが義務付け
られています。

監査、会計のスペシャリストとして
独立性を保ちながら財務に関する情報の信頼性を
確保します。

こうした業務は、当然の事ながら高度な専門知識
などが必要不可欠であり、誰しもが出来る仕事では
ありません。

こうしたことからも、公認会計士の資格保持者の
存在意義、重要性は日本の社会においてはなくては
ならないものなのです。

近年では、監査、税務、財務、経理などに加え
コンサルティング業務の重要性も増してきています。

公認会計士の資格試験に合格すれば、
無試験で行政書士や税理士に登録する事が出来ます。
このことからも、社会的な意義や重要性が伺い知る
ことが出来ます。

しかし、これまで日本では医師などと違い
一般的な人にとって公認会計士の資格保持者は
あまり身近な存在ではありませんでした。

そのため数も不足していましたが、
現在、国の政策として将来的に増員させる方向へ
向かっています。

今後、公認会計士の有資格者の数が増えれば
当然競争も激しくなるでしょうし、試験にさえ合格
すれば将来が安泰という状況から変化していく事が
予想されます。

試験のみを目標にするのではなく、
その後も見据えて将来的な展望を考える事も
この先とても重要になってくる事でしょう。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1429

Return to page top