顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の資格保持者に求められる能力

公認会計士の資格保持者に求められる能力

公認会計士は資格を取得さえすれば
直ぐに専門家として働けるわけでは
ありませんし、一流として認められる
には当然様々な能力が求められます。

まず公認会計士に必要となってくる能力は、
高いレベルの情報処理能力です。

実務にはもちろんのこと、こうした
情報処理能力は公認会計士の資格試験にも
必要になってきます。

試験そのものが医師や弁護士の国家試験に
近い高難度である為、こうした能力がないと
試験に合格する事自体難しいと言えます。

次に挙げられる能力としては、
倫理観や守秘義務を守れるかどうかです。

倫理観や守秘義務は、一般的な職種にも
当てはまるいわば社会人としての常識とも
言えます。

例えば、公共の場での会話に気を付ける
パソコンの管理をおろそかにしないと
いったことです。

こうした基本的なことが守れないようでは
いくら優れた能力があっても公認会計士の
資格保持者として職に就く事は出来ません。

次に挙げられるのは、専門的技能です。
高度な判断力を要する判例を取り扱うこと
もあるでしょうし、交渉力なども欠かす事の
出来ない能力といえます。

そして専門的知識も不可欠です。
要求される専門的知識は多岐に渡り、
IT、英語、租税法、IFRS(国際会計基準)
などの知識が必要になってきます。

その他にも、数字に強い事はもちろん、
情に流されずに合理的な判断を下せるか、
コミュニケーション能力や営業力など、
実に様々な能力が必要とされます。

こうした能力を備えてこそ、
一流の公認会計士として初めて認められる
資格を得る事が出来ると思います。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1454

Return to page top