顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 多岐に渡る公認会計士の仕事内容

多岐に渡る公認会計士の仕事内容

公認会計士の仕事内容は、実に多岐に渡ります。
そして、多岐に渡る業務のどれもが高度な知識や
技術を要求されるため、とてもやりがいのある
仕事といえるのではないでしょうか。

一般的には、多くの公認会計士の資格試験の
合格者は監査法人に所属し、監査業務を行い
ます。

主な仕事は4つ、税金のコンサルティング、
企業の経営コンサルティング、会計業務の指導、
それから決算書をチェックする監査業務が
挙げられます。

この4つの中でも、監査業務は公認会計士の
資格保有者のみ行うことができる業務です。

上場企業などに監査は義務付けられている為、
監査業務の主な取引先はこうした上場企業と
なります。

こうした業務は取引先の企業へ出向する機会も
多いため、必然的に出張が多くなります。

公認会計士の有資格者は、それ以外にも
税理士の業務にも携わることができます。

その為、監査業務だけでなく税務関連業務に
携わるなど、税金の専門家としての仕事も期待
されることとなり、税理士として活躍されている
方も多くいます。

こうした専門知識や専門技術をさらに生かす為に
経験を積みスキルを磨いた後に監査法人から独立
をしたり、金融コンサルタントに転職する人も
います。

公認会計士の資格試験に合格し実務に携わる人は
専門性の高い仕事を幅広く行い、決算期等は多忙な
日々を過ごしていますが、

普通の人では携わる事が難しい業務を行う為
大きな責任が伴うとてもやりがいのある仕事と
言えます。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1456

Return to page top