顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の資格取得者の勤務時間

公認会計士の資格取得者の勤務時間

公認会計士の勤務時間は、所属している
監査法人や契約しているクライアントに
より大きく異なるため、一概には何時から
何時までが勤務時間とは言えません。

日本の多くの企業は3月決算である為
4月や5月はとても忙しくなり人によっては
徹夜も当たり前という状態になることも
あるでしょう。

また、決算期が通常とは異なる
クライアントを担当した場合は、常時忙しく
夏休みも取れないケースもあります。

逆に、夏休みが3週間くらい取れる
という人も公認会計士の有資格者にはいる
場合もあります。

一般的な1年の流れは、6月くらいから
落ち着きだし、8月後半あたりから忙しく
なります。

内部統制評価業務や四半期決算レビュー
などもあるため、常に忙しくなるという
可能性もあります。

公認会計士の資格試験に合格し、
キャリアを積んでいけば主査などに
昇格する可能性も当然あります。

主査になれば仕事の量も増えるため、
その分勤務時間も長くなるでしょう。

勤務終了時間も、定時にあがれる人、
20時にあがる人、日付が変わるまで
働く人など、個人や所属する監査法人等
によって様々と言えます。

また、公認会計士の有資格者として
独立をすればさらに勤務時間は千差万別
になるでしょう。

ただし、仕事上で身に付けるべき
スキルや知識は他の職業に比べて多いですし、
その為にはやはり個人での学習が必要に
なってくる場合もあります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1482

Return to page top