顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の役割とは?|高い専門的能力が要求される

公認会計士の役割とは?|高い専門的能力が要求される

ilm14_aa02037-s.jpg

公認会計士はとても取得難度の
高い資格ですが、実務においても
高い専門的能力が要求されます。

更に守秘義務や独立性なども
求められる為職業倫理の順守も不可欠で
グローバルに活動している

会社にとってはなくてはならない存在です

公認会計士の有資格の役割は
日本では実に多種多様です

業務領域は独占業務と言える監査を
筆頭に、経営コンサルティング
税務などに及びます

特に監査業務は公認会計士の
資格保持者のみ行う事が出来る為
多くが監査業務に携わっています

監査業務は企業からの独立性を保ち
株主などの一般投資家や債権者に代わり
企業が作っている財務諸表が
正しく作られているかを監査します

そして、投資家や債権者が誤った解釈を
しないように企業の業績や財務内容に対して
意見を述べ、社会的信用を付与します

公認会計士は税理士の資格も
保有することになる為、税理士登録することにより
税理士としても仕事に携わる事が可能です

税務相談、税務指導や税務申告
移転価格税制、申告代理から税務官庁との
交渉という具合に、税務業務においても
幅広く活躍する事を期待されています

この他にも、会計全般の指導、調査
立案なども行います

最近では、株式公開業務、国際業務
システム監査業務、M&A業務等々なども
果たすべき役割の幅も広がってきていて
役割も非常に重要になってきています

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1496

Return to page top