顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士の資格についての概要と種類

公認会計士の資格についての概要と種類

公認会計士の資格を取得すると
企業の会計業務全般を請け負う業務に
ついたり、コンサルタントとして活躍
する等様々な業務に携わる事が出来ます。

その業務内容は大変幅が広く、
大手から中小企業まで、幅広い規模と
ジャンルの会社の経営にはなくては
ならない資格と言えます。

公認会計士の資格は、士業の中でも
最高の難易度と言われている司法試験の
二番手に匹敵するとされており、
取得が大変難しいもののひとつです。

税務も請け負う仕事であることから
公認会計士の資格を取得することで
税理士として登録する事が出来る権利も
与えられ様々な面での活躍も期待出来ます。

つい最近までは受験資格が設けられて
いましたが、要項が改正されて誰でも
受けられるようになって以降多くの人が
受験するようになりました。

ただし資格試験は短答式試験と
論文式試験とがあり、論文式試験は
所定の免除規定に該当する場合を除き、

短答式試験の合格者だけが受験する
ことが出来ます。

また、晴れて公認会計士と名乗れる
ようになるまでには実務経験も必要な為
実力と経験とを兼ね備えたスキルが
求められる仕事でもあります。

取得までには難易度からも大変
長い道のりとなることが予想されますが

国家資格という面で見ても会計業務に
携わる仕事に就くなら取っておかなくては
ならないものといえます。

公認会計士は会計の資格としては
最高レベルのためいろいろな業務に
就くことが出来ます。

会計業務に関わる部署で働くだけでなく
自ら経営者として活躍したい方も取得して
おくことが不可欠な資格と言えます。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1498

Return to page top