顧客資産を分別管理

ホーム » 公認会計士 » 公認会計士資格を取得する為の方法

公認会計士資格を取得する為の方法

公認会計士の資格を取得する為には、当然の事ながら
国家試験にパスしなければなりません。公認会計士の
資格試験は短答式試験と論文式試験との2段階で実施されます。

以前は一次試験から三次試験までの構成で実施されて
いましたが、2006年に実施要項が変更されています。

しかし依然として公認会計士の資格試験は司法試験と
並んで難易度が高く、合格率は10%にも届かない程と
なっており、いかにしっかりと対策して試験に臨むかと
いうことが重要となります。

短答式試験は12月と5月の年2回、財務会計論、
管理会計論、監査論、企業法の4科目の試験が1日で
実施されます。

実施の順は、企業法(60分)管理会計論・監査論
(120分)、財務会計論(120分)となっています。

公認会計士の資格試験には免除制度があり、
短答式試験に合格するとその発表日より2年間は試験が
免除されることとなっています。

論文式試験は8月に3日間を通して行われます。
必須の4科目と選択の1科目とで実施される書面審査ですが
論文式試験にも免除制度があり、

合格ラインをクリアした科目は以降2年間再試験が
免除される為、翌年は合格基準に満たなかった科目のみを
受験すれば良いことになっています。

論文式試験の突破後は実務補習として所定の単位を修得し
さらに業務補助として経験を2年以上積んだ後、修了試験に
合格すると公認会計士の有資格者として登録可能となります。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://passion1922.xsrv.jp/mtos/mt-tb.cgi/1529

Return to page top